【英語学習法・上達法】英英辞典活用法:”yolk”(卵の黄身)を「英語で」調べてみよう!

英英辞典の効用については、この【楽しい英語】ブログでも頻繁に触れている通りです。

ちなみに私は、英和辞典・和英辞典ともに現在はほぼまったく使いません。

 

自慢してるのでなく、あなたもそうなれます。

今回は、一例として、“yolk” をみなさんと一緒に調べてみたいと思います。

 

英単語 “yolk”(卵の黄身)を英英辞典で調べてみよう

“yolk”「卵の黄身」だということは、ご存じの方も多いでしょう。

「知らなかった!」という方も、ご安心を。

 

EIGON
EIGON

この記事を読んでる時点で「yolk=卵の黄身」とインプットされるでしょう。(発音は、ウクです)

 

されなければ、この記事を何度も読むだけです。

3回読めば覚えられるでしょう(たとえもっとかかってもかまいません)。

 

“yolk” は日本語にも取り入れられていて、「ヨーク〇〇〇」のような社名にもなってたりしますね。

spellingは “folk”(フォークソングのフォーク)と同じで、ビギナーの方には覚えにくいかもですが、このまま覚えてしまうしかありません。

 

ちなみに、食べるのに使うフォークは fork です。

 

EIGON
EIGON

さて、本題の、”yolk” の調べを英英辞典でやってみましょう。

EIGORAS
EIGORAS

「yolk meaning」で検索ですね!

 

英英辞典で、英単語 “yolk” の意味は?

いつも通り、Cambridge Dictionaryで見てみましょう。

 

yolk
1. the yellow, middle part of an egg: 2. the yellow, middle part of an egg…

 

the yellow, middle part of an egg

-Cambridge Dictionary-

 

EIGORAS
EIGORAS

「卵の黄色い真ん中の部分」だって。わかりやすーい!

 

わかりやすいですね!

特にCambridge Dictuionaryは非常に簡単な英単語で語義を定義してくれているので、おすすめなんです。

 

EIGON
EIGON

ポイントは、この “the yellow, middle part of an egg” という英語が、自分で考えるときにパッと出るかなんですよ。

 

これは、たとえば “yolk” を知らないネイティブがいたとしたら、と考えてみてください。

現実にはあり得ないですけど。

 

EIGORAS
EIGORAS

簡単な英単語だけですけど、スッと出るかとなると・・・自信がないです・・・。「なるほど!」とは思いますが・・・。

 

 

そうです!

その「なるほど!」が大事なんです!

たとえば、”yolk” を、ふつうに英和辞典で調べたら、どれだけ「なるほど!」がありますか?

 

 

EIGORAS
EIGORAS

「卵の黄身」と日本語で書いてあるだけよりも、英語で説明してある方が「なるほど!」って思う気がします。

 

そこが英英辞典をおすすめする理由なんですよ。

で、「こんなふうに説明すればいいんだ」ってなると思うんです。

こういう積み重ねが、簡単な英単語でも表現力を鍛えるのにうってつけ(best suited for/beneficial/it works so well/it works perfectly)なんですよね。

 

EIGORAS
EIGORAS

むずかしく考えちゃうけど、こんなに簡単な英語でも表現できるんですね、マスター・ヨーダ! じゃなくて、マスターEIGON!

EIGON
EIGON

その発見が大事なんですよ! ^^ 俺、ヨーダじゃないよ。^^;

 

英英辞典で、英単語 “yolk” の例文を見てみよう

さらに、英単語 “yolk” の項目にある例文を見てみましょう。

 

  • I like eggs lightly cooked so that the yolk is still runny.
  • Separate the yolks from the whites.

-Cambridge Dictionary-

 

EIGORAS
EIGORAS

うわーこれもわかりやすい♪ 「卵は黄身がトロトロのが好き」「黄身と白身を分ける」ですよね? EIGORASもトロトロが好き♪

EIGON
EIGON

細かいことよりも、ザックリとそういう理解でいいと思います。^^ EIGONもトロトロがいいな♪

 

runnyは、My nose is runny/running.(鼻が垂れる)のように、液体などが流動的な状態を指します。チーズなどの「とろける」は、melty や melting です。

 

いかがですか?

こんなにわかりやすい簡単な例文まで触れられるわけです。

 

ちなみにCambridge Dictionary は、例文も簡単な英語で実によく工夫されています

現に、たとえば「黄身がトロトロ」や「黄身と白身」を覚えちゃいますよね?

 

白身は “a white/whites” で、この場合は可算名詞なんだということもわかります。

例文でも、かなり英語の表現の幅を増やすことが可能ですよ!

しかも英英辞典は、ネイティブが自然に使う英語の宝庫です。

 

EIGORAS
EIGORAS

うーん、なんだか、英英辞典で見る方が、英語が豊かになる気がしますね。

 

そうなんです!

 

EIGON
EIGON

そこが、英英辞典をおすすめする理由なんです!

 

そして、今回見たように、英英辞典のハードルは決して高くないと気づいてもらえればと思います。

 

今回の記事は、それを体感していただきたくて、英単語 “yolk” を例にして書いてみました。

理解したら、あとは実践あるのみです!

 

EIGORAS
EIGORAS

できるかなあ・・・

 

つまづいてもいいのです!

継続は力です!!

 

では、今回は以上です。


◆↓↓↓EIGONも学んだ週刊英語学習新聞↓↓↓◆

コメント

タイトルとURLをコピーしました