【英語を学ぶ目標】His/Her English Is Great! と HE/SHE IS GREAT!

こんにちは! OSAMUです! 楽しく英語ライフしてますか?

今回は、英語を学ぶ目標についてです!

 

His English is great! よりも、HE IS GREAT! といってもらえる英語

私も英語を学んで長いですが、英語を学ぶ目標はなんだろうか、と今回考えてみました。

「なぜ英語を学ぶのか」という英語を学ぶ「目的」は、人それぞれあっていいと思うんですよね。

ですが、英語を学ぶとして、なにを目標にしたらいいのか、ということです。

 

まるでネイティブのように聞こえるペラペラ英語でしょうか?

スラングとかが自然に使え、ネイティブっぽい表現にあふれた英語を身につけることでしょうか?

ビジネスでクライアントを説得できるプレゼン能力を英語で実現することでしょうか?

 

私が個人的に目標にしていきたいなと思っている英語があります。それは、

His English is great! よりも、

HE IS GREAT! といってもらえる英語です。

 

OSAMU
OSAMU

この違い、わかりますか?

 

言語は【人格の表現】

英語を学びたい、あるいは学んでいる方々を見ていると、あまりにも「英語のテクニック」的なことが偏重されている印象を持ちます。

あるいは、英単語の語彙数の多さや、英語表現の豊富さを身につけることに心を砕いている方が多い気がします。

 

OSAMU
OSAMU

それがいけない、という話ではなく、その先にあるものを、ちゃんと見据えたほうがよいのではないかという気が私はします。

 

なので、His/Her English is great! とネイティブに褒められる英語を目標にするのもよいのですが、それ以上に、HE/SHE IS GREAT! と世界に認めてもらえる英語を目標に、私個人は研鑽したいと思っています。

 

いつもいいますけど、私は「これが絶対的に正しい」とか「こうでなければいけない」などとは思っていません。

人間は人の自由を奪わない限り、自由に生きていいと私は個人的に思っていますので、みなさんそれぞれの考えで英語を学べばいいと思うのです。

 

OSAMU
OSAMU

ですが、私の定義では、「コミュニケーションのツール」であるとともに、「人格の表現」が「言語」だと思っていますので、私としては、そこを目標にしていきたいなあと思っています。

 

英語で【海外ビジネス】をやって

事実、私は海外向けのオンライン・サービスをビジネスとして展開していますが、やはり、ユーザーさんの評価は、私の提供しているサービスの質と、私自身という「人間」に向けられるものなんですよね。

決して、「彼の英語はすごい」でサービスを利用してくれたり、モノを買ってくれたりはしないわけです。

 

OSAMU
OSAMU

私より英語力のある人は、ごまんといます。

 

私は長期の留学などもしたことがなく、長く勤めた職場で(部分的に)英語で仕事をしたくらいで、ほとんど日本で英語を身につけた人間ですので、美麗なネイティブ英語でサービスを提供できるわけではありません。

 

ですが、海外向けサービスを提供して、ユーザーさんにとても喜んでいただいているので、それでいいと思っています。

やっぱり、He is great! といってもらえて、「彼(のサービス)はいいよ!」と、周りに私のサービスをプロモートしてくれるというのは、なににも増して、私にっての喜びです。

 

実際、英語は私よりも劣るけど、He/She is great! といわれてる日本人を、私は何人も見てきました。

また、私個人の感触では、HE/SHE IS GREAT! といってもらえる英語を目標にすれば、英語のスキル(His/Her English is great! といってもらえる英語)は、自然に身についていく気がします。

 

ということで、これから英語に熱を入れていこうというビギナーの方も、これまで英語を学んできた方も、

His/Her English is great! よりも HE/SHE IS GREAT! といってもらえる英語

を目標にするのも、大いにアリなのでは、と思い、記事にしてみました。

 

なにかの参考になれば、うれしいです。

では、今回は以上です。

 

OSAMU
OSAMU

Let’s have fun with English!

 

プログリット(PROGRIT) シェーン英会話 スタディサプリ ENGLISH

コメント

タイトルとURLをコピーしました