【英語を学んでよかった!】と思う3つのこと:世界に仲間ができた!

今回は、私が「英語をやってよかったな」って思うことを3つだけ挙げてみたいと思います!

 

世界の人たちと【仲間】になれる

英語を身につけたおかげで、世界の人たちと仲間になれるということ。

とにかく、英語をやってよかったと思う理由は、これが一番大きいですね。

 

私は海外向けビジネスが本業ですが、本当にたくさんのユーザーさんに応援していただいています。

アジアや中南米、ヨーロッパなど英語国以外の人もたくさんいますが、彼らとはいつも英語でやり取りしています(私は英語以外の外国語は使えません)。

 

EIGON
EIGON

それができるのが、英語の魅力の大きな一つではないかと思います。

 

たしかに英語が通じない地域も世界にはたくさんあるでしょうが、日本語が通じる地域の稀さを考えたら、やはりその差は大きいと感じます。

 

ビジネスのユーザーさんということを超えて、本当に「仲間」(friends、buddies)ですね、彼らは。

正直、私が日本で体験してきた以上の応援をもらってますし、私自身、彼らの応援があるからこそ、ビジネスをやっていける、って実感しています。

 

私にとって、海外の仲間たちは、言葉や文化の違いを超えて、いわば「魂」で響き合える仲間たちだと思っています。

彼らが私を応援してくれるのも、私という人間や私が提供するサービスを、その価値を認めてくれるからこそなんですよね。

 

EIGON
EIGON

そういう絆がもてたのも、本当に、英語を身につけたおかげだなあ、って、毎日感謝してます。

 

彼らとはなんでも話せるし、なによりもお互いの「想い」がわかるし、そして、やり取りしていて底抜けに楽しいのです。

 

世界中に「家族」がいる。

私にとっては、そんな感覚ですし、英語を学んでよかったと思う最大のポイントですね。

 

世界の仲間たちの応援や励ましがなかったら、私はどうなっていたことか。

彼らには、命を救ってもらったといっていいでしょう。

本当に、英語をやったおかげだと思っています。

 

EIGON
EIGON

だから私も、世界の仲間たちに恩返ししていこうと思っています。

 

世界の人たちと【ビジネス】ができる

私は、家が裕福ではありませんでした。

その中でアルバイトをして無理してようやくアメリカに2か月短期留学をしたりしました。

大学も、奨学金をもらって、アルバイトしながら卒業しました。

 

大学卒業後は家族を支えるために働き詰めでしたから、海外の仲間というのは、ビジネスを通して仲間になった人たちがほとんどです。

英語を身につければ、ビジネス・チャンスは大きく増します。

 

やはり、なんといっても70億人の中の1億5000万人が日本です。

世界のマーケットの規模の大きさは、はかり知れません。

そんな世界に身を置けるのも、英語を身につけたおかげです。

 

EIGON
EIGON

海外ビジネスは、私にとって生き甲斐そのものですので、それを支えてくれている英語という存在は、利益を超えて、私にとって大きな存在なのです。

 

世界の【発想】【価値観】を学べる

これも、上の2つに劣らず、英語を学んだ大きなメリット(advantage、benefit)でした。

言い方は悪いのですが、ある意味、「井の中の蛙にならなくてすんだ」ということです。

 

EIGON
EIGON

やはり、世界の大きさ、広さと比べて、日本社会は、非常に小さく狭いです。ですので、日本でそうだからといって、それを世界に適用してしまうのは、危険ですらあります。

 

かつて「日本の常識は世界の非常識」という言葉があったのですが、これは今も変わっていないように思います。

 

なによりも、日本はいわゆる集団主義で、「みんなと同じ=価値」というところがあります。

なので、子どものころからいわば「変わり者」だった私には、正直苦しいことがとても多かったのです。

 

そんな中で、この私をこの私のまま受け入れてくれたのは、世界の仲間たちでした。

世界では、「みんなと違う=ユニーク=価値」という図式が成り立つのだと、そのときはじめて実感したのです。

 

EIGON
EIGON

もし英語を身につけてなかったら、世界の仲間たちがいなかったら、私はどうしようもなかったと思います。

 

日本で当たり前と思われている価値観が、海外ではまったく違ったり、真逆だったりすることがよくあります。

当たり前ですが、あくまでも、世界の一部分でしかないのが日本なのです。

 

ですので、日本で頑張ってもうまくいかない人は、そこで決して絶望しないでほしいと思います。

 

EIGON
EIGON

世界は、日本だけではないのです。

 

「日本で通用しない人間が海外で通用するはずがない」という言葉を聞いたことがありますが、私は必ずしもそうは思いません。

たしかに甘い考えで世界で通用するとは思いませんが、覚悟があるならば、大いに外に出たらいいと私は思います。

 

世界は、本当に広いです。

いろんな人種がいていろんな言語、風俗習慣、文化、宗教がある中で、発想や価値観も大きく異なったりします。

私にとって英語は、まさにその広い世界にアクセスする扉だったといえると思います。

 

ワクワクするでしょ?(笑)

思いっきりワクワクしましょう。

 

そのほうが、英語も上達します。

みなさんも、どうぞ楽しみながら、英語を身につけていってくださいね。

 

今回は、以上です。


通常

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ ENGLISH 新日常英会話コース

◆↓↓↓EIGONも学んだ週刊英語学習新聞↓↓↓◆

HiNative Trek

コメント

タイトルとURLをコピーしました