自己紹介

英語が大の苦手だった私

EIGON エイゴン

こんにちは!

このブログを運営しています EIGON です!

 

中学生のとき、英語が大の苦手だった私ですが、その後大学で英文科に学び、英検1級や通訳ガイド国家試験にパスし、英語で仕事をしてきました。

 

現在は個人で海外向けWEBビジネスを営んでいます。

将来の海外移住に向けて奮闘中。

 

EIGON
EIGON

自分がこれまで英語を学んできた中で得た知識や経験が、語学習者のみなさんに少しでも役に立てばと思い、英語学習に関する情報を発信していきたいと考えています!

 

私が目指す英語

「がんばる」より「楽しむ」英語

私が英語を教える際に目標としているのは、まずは

「がんばる」より「楽しむ」英語です。

 

どうも、日本人はものごとを「楽しむ」のが苦手なようです。

でも、楽しくなければ続けられませんよね?

 

EIGON
EIGON

だから私は、まず英語を「楽しむ」というスタンスを大切にしたいと思っています。

 

英語学習の3つのステップ

そして、次の3つのステップです。

  1. 英語を好きになる(興味を持つ)
  2. 英語が得意になる
  3. 英語を使えるようになる

 

そして、これにあたって、今現在どんなレベルかは一切関係ありません

そして、受験目的の英語でも、実用目的の英語でもかまいません。

年齢も性別も関係なし!

 

EIGON
EIGON

「学ぶ」意欲の前に、万人は平等です!

 

使える英語&シンプル・イングリッシュ

目指す英語をさらに具体的に言えば、それは

  • 「使える」英語
  • シンプル・イングリッシュ

に尽きると考えます。

 

実際に使えない英語をいくら覚えても意味がないし、外国人である我々が学ぶ英語は、まずは必要最低限のシンプルな英語であるべきだと考えます。

 

 

EIGON
EIGON

ネイティブっぽい表現を学ぶのも良いでしょう。

資格試験に精を出すのも良いでしょう。

 

 

でも、まずはシッカリ使える、シンプルな英語を身につけることに注力するべきでは、と私は考えます。

 

発音や表現はネイティブっぽいけど、資格試験は満点だけど、

コミュニケートできない英語

では話になりません。

 

EIGON
EIGON

I don’t think it’s worth your while. それでは遣り甲斐もないでしょう。

 

英語は世界中の人とコミュニケートするためのツール

なんのために英語を学ぶのかといえば、それは世界中の人とコミュニケートするためといえるのではないでしょうか。

 

もちろん、英語が通じない国も世界にはたくさんあります。

でも、日本語が通じる国のほうがずっと少ない事実。

 

EIGON
EIGON

良い悪いは別として、やはり世界中でコミュニケートしやすいのは「英語」であることは論を待たないでしょう。

 

ここで、「ツール」という言い方をしてしまいましたが、

本当を言えば、「言語」とは単なるツール以上のものであって、相応の敬意をもって学んでしかるべきものだと考えます。

 

ただ、英語が世界中の人とコミュニケートし、情報や意見をシェアし、喜びや豊かさを分かち合えるツールであるということは、私自身が身をもって体験してきたことでもあります。

 

EIGON
EIGON

このような観点から、外国人である我々日本人は、どのような英語を身につけたら良いのかをみなさんとご一緒に考え、実践していければと思っています!

 

英語が確実に人生を広げてくれました

私自身がこれまで英語と関わってきてつくづく思うこと。

それは、英語は、確実に私の人生を広げてくれ、豊かにしてくれたということです。

 

この世界は、豊かさをシェアすることで成り立っていると私は考えています。

インターネットなどは、まさにそのためのツールだと考えます。

 

EIGON
EIGON

たとえば「英語で情報発信ができる」としたら、どうでしょう?

 

英語で商売ができ、世界の人が「欲しい」と思うものを提供してあげられたら、どうでしょう?

 

この世界の豊かさが、何倍にも増すのではないでしょうか?

そして、豊かさを与えれば、当然自分も豊かになれます。

 

少なくとも私にとって、英語はそのようなツールとして機能してくれています。

  • 英語が苦手だけど好きになりたい人
  • 英語が得意になりたい人
  • 使える英語を身につけたい人

 

EIGON
EIGON

こうしたみなさんに、私の体験がお役に立てれば、これ以上の喜びはありません。


◆↓↓↓EIGONも学んだ週刊英語学習新聞↓↓↓◆

タイトルとURLをコピーしました