【英語学習体験】父親から習ったローマ字を、英語だと勘違いした小学生時代

こんにちは!

OSAMUです!

楽しく英語ライフしてますか?

 

これまで、OSAMUが中学時代に

英語ダメダメ状態から、

英語が得意になり・・・

 

高校、そして浪人時代に至る道のりを

お話してきました。

 

実は、OSAMUと英語との出会いは、

小学生時代にさかのぼる(date back/trace back to)

のです。

 

OSAMU
OSAMU

今回は、そのお話です!

 

父が教えてくれたローマ字

OSAMUと英語との出会い。

 

そもそもは、

「ローマ字」

(Roman/Latin alphabet)

との出会いからでした。

 

どういういきさつだったかは忘れましたが(I forgot how it went)、

あるとき、父親がローマ字を教えてくれたのです。

小学2年か3年かのときではないかと思うのですが・・・

 

私の父はジャズ・ミュージシャンで、

私が生まれる前には、

海外の大物ミュージシャンとも親交があったりした

らしいんですよね。

 

父親は学歴がなくて苦労したようですが、

努力家なんです。

 

当時進駐軍の基地でも演奏したりしたようなので、

そんなことから、

父は独学で英語の勉強をし

カタコトの英語でcommunicateしていたらしいのです。

 

レコードや楽譜でギッシリだった

(packed with records and music scores)

父の書棚に、

『コンサイス英和・和英辞典』

があったのを覚えています。

OSAMU
OSAMU

その父親が教えてくれたのが、ローマ字だったのです。

 

 

前にもお話した通り、

当時のOSAMUは勉強が苦手で大嫌いでした。

 

でも、なぜかローマ字は、興味を持てたのです。

父は几帳面で、ノートに表をつくり、

そこに50音でローマ字を書き入れてくれました。

 

愛用の万年筆で書かれた、

綺麗な文字だったと思います。

 

父は10代のころ看板屋さんで

住み込みバイトをしたこともあったらしく、

字がめちゃめちゃ上手なのです。

 

OSAMU
OSAMU

OSAMUの字は・・・自分でもメモなどが読めないことがよくあります。^^;

 

なにこれ? 英語読めないじゃん!

勉強嫌いなのに、父が教えてくれた

ローマ字は、なぜかスンナリ覚えられました。

覚えてからは、得意になって

自分の名前をローマ字で書いたりしてました。

 

 

当時のOSAMUの勘違いは、

それが「英語」だと思ったことです。

 

父から習ったのは、単に

「日本語」の50音のローマ字表記ですから、

それで英語が読めるはずがないのですが・・・

 

 

OSAMU
OSAMU

当時のOSAMUには、そんなことはわかりません。父も、「これは英語じゃないからな」とは教えてくれませんでしたし。

 

 

後に英語を学ぶとき、

OSAMUは、

「英語は、ローマ字書けるから大丈夫」

くらいに思っていたのです。

 

ところが・・・

実際に出会った英語が、

ローマ字では読めない!

 

え、なにこれ。

全然読めないじゃーーーーん!!!!

 

そう気づいて、愕然とした(get caught with my pants down)

OSAMUでした!

 

 

OSAMU
OSAMU

続きはまた!

Let’s have fun with English!

 

 

プログリット(PROGRIT) シェーン英会話 スタディサプリ ENGLISH

コメント

タイトルとURLをコピーしました