【英語学習マインド】努力しても成果が出ない? そんな時の考え方! 自分いじめは不要!

今回は、英語学習で努力しても成果が出ない!という場合の考え方についてです。

 

【英語学習】で努力しても成果が出ない辛さ、よくわかります

英語学習で「努力してるのに、成果が出ない!」

まずは、その辛さ、私もよくわかります!

 

EIGORAS
EIGORAS

EIGONもそういうときがあったのですか?

 

そりゃそうです。

私も、ほぼ日本だけで英語を身につけましたから、「努力してるのに、成果が出ない!」なんて、しょっちゅうでした。

 

EIGON
EIGON

そういうときって、ほんとにシンドイんですよね。

 

ですから、英語学習で、いわゆるスランプに落ち込んでいる(be in a slump)ときの辛さはよくわかります!

 

【英語学習とビジネス】は、似ていると思う

最近思ったのが、ある面、英語学習とビジネスって似てるなあ、っていうことなんですよね。

ビジネスにおいても、努力してるのに成果が出ない!なんていうことはしょっちゅうですからね。

 

やはり、自分が食べていくためや、人に食べさせていくためのビジネスですから、そりゃあ努力しますよ。

だって、死活問題ですから。

 

EIGON
EIGON

でも、だからといって、やった分だけ素直に成果が出てくれるとは限らないのがビジネスなんですよね。

EIGORAS
EIGORAS

悩むでしょうね、そういうときは。

 

悩みますね。

でも、悩んだ分だけ大きくなれるのが事実なんですよね。

だから、私個人は「ビジネスで失うものはなにもない」と思ってます。

 

【ビジネス流】英語学習における考え方

ビジネスやっていて、たとえばその日の売り上げが「1円」だったとします。

私個人が思うには、その「1円」がどう見えてくるかが大事だと思うんですよね。

 

EIGORAS
EIGORAS

どういうことですか?

EIGON
EIGON

つまり、その「1円」が「1万円」に見えるか見えないか、ということです。

 

もし「なんだ。たった1円か」だと・・・

それはビジネスに向いた考え方ではないと思います。

 

それが「明日の1万円」に見えるなら、ビジネスとしてGO!だと思いますし、また、それが「明日の1万円」に見えるだけことを、ビジネスであればするべきだ、と思うんですよね。

たとえ、今は「たった1円」でも、です。

 

【英語学習とビジネス】大事なのは、どうやったら1円が1万円になるかを考えること

こういう話をするのも、「ビジネスやりたい」という人はいるんですが、ひとまずやった成果が「1円」だと、「なんだ。たった1円か」でやめてしまう人が多い気がするからです。

そこでやめてしまえば、「明日の1万円」は永遠に手に入らないんですよね。

 

EIGON
EIGON

努力してるのに成果が「1円」なのだとしたら、やるべきなのは、それを嘆くことじゃないんですよ。

 

ビジネスにおいて考えるべきなのは、「どうやったら」それが10円になり、100円になり、1000円になり、1万円になるのかなんです。

これは実際、考えに考えるほど考えますし、もちろん考えるだけでなく、実践しながら考え、やってみては修正し、の繰り返しです。

 

EIGON
EIGON

そこにビジネス・パーソンとしての「成長」もあるわけなんですよね。

その試行錯誤があるからビジネス力が成長するんです。

 

【英語学習・ビジネス】に「自分いじめ」は不要!

だからこそ「明日の1万円」に近づけるわけだし、成長するからこそ「楽しい」わけです。

特に要らないのが、「ああ、たった1円か。自分はダメだ」「自分にはビジネスの才能がないんだ」などの「自分いじめ」だと思います。

 

EIGON
EIGON

だって、「自分いじめ」の暇があるなら、「どうやったら、この1円が1万円になるのか」を考えた方がよくないですか?

 

少なくともビジネスではそうだと思いますし、自分をいじめている間にどんどん船が傾いて沈没したら目も当てられないのがビジネスです。

 

EIGORAS
EIGORAS

厳しい世界ですね。

EIGON
EIGON

う~ん。厳しいですが、だからこそ楽しいっていうのはあるんですよね。

 

私は「英語をワクワク楽しく学ぼう!」と勧めていますが、それは必ずしも「ラクをしよう!」といっているわけではありません。

 

EIGORAS
EIGORAS

遊びでも、真剣にやるからこそ楽しい、って、ありますもんね!

 

そうなんですよ!

たしかに非効率はビジネスでご法度だし、英語学習でも避けたいものですが、常に「ラク」とは限らないのは、ビジネスも英語学習も同じでは、と思います。

これは、ビジネスや英語学習だけじゃなくって、なんでもそうじゃないでしょうか。

 

EIGON
EIGON

どんなときも、前を向いて進むからこそ楽しい

 

そこも、ビジネスでも英語学習でも一緒じゃないかな、と私は個人的に思います。

 

以上は「ビジネス」の視点から述べさせていただきましたが、みなさんの英語学習の参考になれば幸いです。

では、今回は以上です。


通常

スタディサプリENGLISH

スタディサプリ ENGLISH 新日常英会話コース

◆↓↓↓EIGONも学んだ週刊英語学習新聞↓↓↓◆

HiNative Trek

コメント

タイトルとURLをコピーしました