【英語学習体験】高校英語では成果なし! 再び英語に興味がなくなりました。

こんにちは!

OSAMUです!

楽しく英語ライフしてますか?

 

さて、中学時代に英語ダメダメから

脱したOSAMUでしたが・・・

 

【英語学習体験】中学3年分の教科書丸暗記から始まった英語学習!
こんにちは! OSAMUです! 英語を教えていると、 「先生は、どうやって英語を学んだんですか?」 って訊かれることが多いです。 今回は、 英語劣等生だったOSAMUが、 ...
【英語学習体験】謎の発音記号! 英語発音を「本」で学びました!
こんにちは! OSAMUです! 楽しく英語ライフしてますか? 「ネイティブのような発音を身につけたい!」 英語学習者なら、誰しも一度は思うことかもしれませんね! 英語の発音が苦手、という...

 

高校では、再びダメダメに!

 

今回は、高校時代の英語学習のお話です!

 

高校英語は、まったくやる気がなくなった

結論からいうと、高校時代は

「英語学習」と呼べるほどの

英語学習はしませんでした。

 

なぜかというと、

ものすごく学校がつまらなくなった

からです。

 

 

OSAMU
OSAMU

なぜつまらなくなったのか。簡単にいっちゃえば、とにかく学校が合わなかったっていうことです。

 

 

せっかく好きで得意になっていた英語も、

なんだか虚しくなってきました。

 

学校だけでなく、すべてが嫌になってしまいました。

 

読書に明け暮れる

本だけは読みました。

といっても、日本語の本です。

 

知り合いの大学生が、

「高校入ったら、本読まにゃ」って、

文庫本を何冊も机に重ねてあって、

読書していた影響です。

 

また、級友で読書好きの男がいたのも

影響としてあります。

 

主に文学作品ですが、文庫本ばかり読んでました。

 

もうひとつは、

北杜夫さんの『どくとるマンボウ 青春期』という

本を読んだ影響でもありました。

私が読んだのは中公文庫版でしたが、

もともと高校の国語の教科書に出ていたものでした。

 

北さん独特のユーモラスな表現にゲラゲラ笑いながらも、

当時の旧制高校生の思索的な姿が描かれていて、

ものすごく憧れをもちました。

 

旧制高校生というのは今の大学生に当たるので、

比較するのはおかしいのですが、

当時の私は

「同じ高校生なのに、昔と今では、なんでこんなに違うんだろう」

と思っていました。

 

旧制高校生たちは、

「人生とは何か」

のようなテーマを、

寮で夜通し語り合ったそうです。

本もたくさん読んだようです。

 

満足に食事もとれない時代でも、

ほとばしるような若い情熱にはちきれそうなほどの

旧制高校生の姿が、OSAMUには実に眩しく思えました。

 

しかし・・・

私の高校では(どこもそうですが)

そんな思索的・哲学的な空気など、皆無でした。

 

一言でいえば、やる気のなさ。

全体がそれに包まれているかのようでした。

 

かといって、

仲間と遊び呆ける気にもなれず・・・

熱中するものもなく、まさに不毛の時代でした。

 

英語への闘志が再び燃え上がる日は・・・

英語自体は、最初は割合熱を入れてやっていました。

勉強を習っていた大学生は、

医学部の勉強が忙しくなり、

勉強をみてもらえなくなっていました。

 

ただ、

「高校になったら、もう教科書の暗記はしなくていいから」

といわれていたので、

暗記よりも教科書の理解に留めました。

 

英語の先生が2人いましたが、

お二人とも男の先生で、

とてもよくしてくださいました。

 

簡単な英語の対訳小説を読むことを

すすめてくださったのも、

そのうちの一人の先生です。

 

しかし、OSAMUは若い人生そのものに

方向性を見失ってしまっていました。

 

 

OSAMU
OSAMU

俺は一体、なにをすればいいんだろう・・・。虚しさが募るばかりの、高校3年間でした。

 

 

そんなOSAMUは大学受験に失敗し、

浪人生活に入ります。

 

そこで・・・再び

英語への闘志と情熱が

蘇る(revive、come back to life)ことになります!

 

今回は、以上です!

 

OSAMU
OSAMU

Let’s have fun with English!

 

プログリット(PROGRIT) シェーン英会話 スタディサプリ ENGLISH

コメント

タイトルとURLをコピーしました